通勤電車から卒業しよう!好きなときに好きな場所で働く3つの方法とポイント

free-lifestyle
スポンサードリンク

最近になって正社員にこだわる理由ってあるの?と思うようになりました。「安定してるし当たり前じゃん!ばかなの(´・ω・`)?」と思われるかもしれないですが、安定にそこまでしがみつく理由ってなんなんだろう。

だるがり
好きなことを好きな時間に働くってダメなの?批判されることなの?

安定のために犠牲にしてることがある

まだ奨学金返済が300万ちょい残っているし、秀でた能力もありません。そんなわたしに毎日仕事を振ってくれる企業は、まぁありがたい存在っちゃその通りです。

仕事がバリバリできる訳でもないのに交通費をもらい、お金を掛けて研修を用意してもらい、ボーナスは年間100万弱。至れり尽くせりというやつですね。

残業,休日出勤で自分の時間がほとんどない

わたしは安定と引き換えに残業をして、休日出勤をしています。

もちろん手当は付きますが、平日は帰って寝るだけの生活もしばしば。月に80h以上残業をしたときが続いたときは、動悸がするようになり、病院に行ったら「このままの生活を続けたら鬱になるよ」と言われました。(ならなかったけど。)

半ば強制的な飲み会とか社外イベント

会社の飲み会は、「参加できる人は〜」と言いつつも強制参加が暗黙のルールってなんなんでしょ。行かなければ、付き合い悪い称号を付けられるし、仕事に支障をきたす場合もあるみたい。

休日にわざわざ会社の人と、旅行に行きたくないしBBQしたくない。好きな先輩と同僚と行くのはもちろん楽しいですが、会社公式の行事となると気づかれして、休日のハズが休日の意味なし。

社会人として当たり前ってなんなんだろう

「いやいや〜残業とか付き合いとか社会人として当たり前じゃん!」

と言われれば確かにそうかもしれませんが、わたしはしっくりこないし、なんだか会社のために生活してるな〜と思うようになりました。人生1回しかないのに、なんだかもったいない生き方じゃないですか?

好きなときに仕事をして、暮らしていけるだけの収入を得る。これが一番理想の形ですよね。そんな理想を叶えるための働き方をあつめてみました。どれも簡単にできることではないので、時間と努力が欠かせません。しかし、これで自分の好きなように生活している人がたくさん居ます。

アフィリエイトで稼ぐ

アフィリエイトに対して怪しいイメージをもたれやすいですが、全く怪しいものではありません。怪しくさせているのは、秒で100万稼ぐ!などの情報商材のせい。秒で100万稼げるなら今頃インフレで大変なことになってますよ。

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトは広告代理店のようなイメージで、モノを紹介して買ってもらうこと。

例えば、このブログでオーガニック化粧水を紹介するとします。「こんなところが良かったよ~♪」と紹介記事を見てくれた読者の人が、記事中に貼ってあるリンクを踏んで商品を購入すれば、その商品の数%がわたしの元へ入ってくるというわけ。

紹介するモノのジャンルは本当にたくさんあって、脱毛サロンやエステ、スキンケア商品などなど。アフィリエイト商品を取り扱う会社はASPと呼ばれていて、有名なところだとA8やアフィリエイトbがあります。

だるがり
ASPにはそれぞれ得意ジャンルがあるので、何箇所か登録してみるといいかも

サイトやブログを運営していれば誰でも登録することができるので、とりあえず登録してみてどんな商品があるのか見てみるとイメージがより湧くと思います。

アフィリエイトは簡単に稼げない!

わたしはこのブログを立ち上げる前、就職をテーマにしたアフィリエイトをしていました。初めて見ると、独自ドメインとかサーバーとか覚えることがたくさんあって、とても苦労しました。

だるがり
簡単に稼げると思ってはじめるとすぐに挫折する原因になるな~

アフィリエイトで一番ダメなサイトは、買ってほしいオーラが滲み出ているサイトです。そんなサイトから買おうとは思わないですよね。わたしなら絶対に買うものか!と思います。

つまり、アフィリエイトには信頼が必要です。「この化粧水は肌によさそう!このサイトに書いてあるから信用できる!」と思ってもらえないと、アフィリエイトはうまくいきません。実際に商品を使ってみたり、店舗へ足を運んでみたり、地道な情報集めが大切です。

サイトやブログのファンになってもらうことを常に意識したいですね。

リモートワークで稼ぐ

いまの仕事はチームワークが重視されています。毎日バタバタで忙しいですが、チームで助け合って働くのは楽しいです。しかし、どちらかと言えばチームワークよりも1人で黙々と作業する方が好きです。

テキパキさっさと終わらせたい派なので、のんびり手を動かしてる人を見るとイライラしてしまうんです。終わらなかったら残業すればいいや~というやり方はどうしても好きになれなくて、まずは定時までに終わられるように動きたい。

でも、残業代をあてにして仕事をしている人もいるのが現状ですよね。なかなか組織にしっくり馴染めないときに知ったのが、リモートワークでした。

リモートワークはこんな風に働く

リモートワークは馴染みのある言葉でいえば、在宅勤務というやつです。社員同士のやりとりは、Skypeやチャットワークなどオンライン上で完結させます。

顔が見えない分コミュニケーションの取り方に気を配る必要が出てくるし、結果重視とされるのでシビアな面があります。しかし、満員電車に乗る必要はないし、ある程度自分のペースで仕事をすることができます。もちろん、やるべきことをやれば残業だってする必要はなし!

自分のペースで仕事を進めるのが好きだったり、自分で考えることに自信を持っている人にとっては、相性のいい働き方だと思います。

リモートワークはまだまだ浸透してない

リモートワークの求人を探してみて思ったのは、導入している企業はIT業界がメインで、職種がエンジニアとかWEBデザイナーなど技術職が多いということ。

事務職をリモートワーク化している企業はまだまだ少なく、リモートワークできる人は限られています。大手企業が導入したニュースをたまに見かけますが、月に2回までとか制約があるところがほとんどだったので、まだまだリモートワークが浸透していない印象です。

ライター(フリーランス)で稼ぐ

最近はやりのフリーランスです。すこし前までは、ある程度社会経験を持つ人がなるものとされていましたが、いまでは新卒フリーランスという言葉があるほど。

しかし、社会経験や技術がなければ仕事を引っ張ってくることはとても大変です。

ライターは割と稼ぎやすい

フリーランスの入口として誰でもはじめられるのは、ライターではないでしょうか?ウェブ関連の知識を全く持たないわたしは、副業としてライターをしています。

どうやってライターになればいいの?とたまに聞かれるんですが、ライターです!と名乗ればその瞬間からあなたはライターになれます。仕事があるかないかは別としてね。

どのくらい稼げるのかなどについては、まだ別記事でまとめようかと思います。しばしお待ちください!

好きなことで働くことは大変だけど夢がある

組織に属しているかぎり収入は一定していますが、組織を抜けるとそういうわけにはいきません。

ちょっとサボれば収入に即反映されるし、かならず仕事があるとも限りません。収入がないと精神的に不安定になるので、突発的に辞めてフリーランスになる!なんてのは辞めた方がいいです。

でも、世の中にはいろいろな働き方があって夢がありますよね。

だるがり
わたしもいずれは、会社を辞めて好きな場所で仕事ができるようになるのが夢です。
スポンサードリンク