kindle paper whiteが届いたので第一印象を書いてみる!予想通り目に優しかった!

image
スポンサードリンク

kindle paper whiteと言えば、Amazonプライムデーでまさかの買い損ねた事件から全てが始まります。

※買い損ねた事件とは:プライムデー期間中は○円!と広告していたのに途中で在庫切れになりセール価格で買えず…、しかし、kindleを買えなかったなんて恥ずかしくて口外できずあれ以来根に持っている

一度あの価格を見てしまったら定価で買うなんてアホらしい。ユニクロとGAPを定価で買うなんぞ信じられん!!っていうのと同じようなもんです。

と言うわけで、虎視眈々と狙っておりました。

そしたらつい数日前、この広告が現れたんですよ。
image\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

kindle paper whiteが欲しくなった訳

電子書籍なんて〜〜、紙でしょ紙!!と一昔前は電子書籍を小バカにしていましたが、本を持ち歩くのが面倒になってきました。

というのも暇な時に備えてバッグに入れておこう!って入れたはいいけど、結局外出中1度も読まなかったりして。

読むか分からないものを、そこそこな重さを感じながら持ち歩くことに嫌気がさしてきました。

ブルーライトがほとんど出ない

はじめはKindleアプリを使用してスマホで読んでいたものの、ブルーライトがとても気になっていました。

ブルーライトカット対策の保護レンズを貼っていても、仕事終わりの疲れ目でスマホをずっと眺めるのは辛いものです。

Kindle、kobo、7型タブレット…測ってわかった!電子書籍端末のブルーライト量に“大差”

kindle paperはこちらの記事で検証されたように、ブルーライト量が極めて少ない。

他にも目が疲れない仕組み

パソコンやスマホと比べて何故Kindleは目への負担が少ないのか。その違いはライトにあります。

パソコンやスマホはバックライトを使用しており、画面の後ろからライトが目に向かってガンガン放たれているイメージ。

それに比べてkindle paperはフロントライトを搭載している。モニターに対して光を当てているイメージ!つまり、本を読む時に明かりを付けるのと似たような感覚ってことですね。

kindle paper whiteをさらっと触った感想

開ける瞬間のワクワク感がたまらん\(^o^)/ww

image

薄いし軽い

少し幅があるので女性が片手でしっかりホールドできるかと言われれば、難しい。

にしても薄いし軽いので、バンカーリングを付ければなんの不自由もないでしょう!

体感としては化粧ポーチよりも軽いので、重さが苦になってお蔵入りする可能性はない。

紙を見ているみたい

image

液晶とかモニターと呼ぶには違和感を覚えるくらい、質感が紙に近い。

目に対する負担の少なさは実際に見ればすぐに納得するし、これだけでkindle paper whiteを買った価値があると言える。

kindle unlimitedスタート

月980円で始まった読み放題サービス「kindle unlimited」。一部対象外があるものの、120万冊が対象となっており、お得なサービスです。

kindle使用頻度が上がれば、サービス加入も検討しようと思ってます!

また暫く使って感想上げますので乞うご期待\(^o^)/ww

スポンサードリンク