朝に弱いOLが試した、朝すっきり目覚める方法を5つ紹介!

image
スポンサードリンク

朝がとても苦手です。それに加えて、テンションも異常なほど低い。なぜなら仕事が嫌だからの一言に尽きるわけですが、嫌と言ったって週5日行かなければいけないのだから、出来るだけ気持ちよい朝を迎えたいものです。

というわけで、朝をすっきり目覚められる方法をいくつか試してみたので紹介していこうとおもいます。

気持ち良く朝を迎えるために

気持ち良く目覚めるためには、前日の夜にやることと、朝にやることの2部構成で動く必要があります。

まずは、前日の夜にやることを3つ紹介していきます!

嫌なことを考えないようにする

寝る間に考え事をする人も多いと思いますが、私もそのタイプです。金曜の夜など休日前夜は、どこに遊びにいこっかなー!!など、楽しいことを自然と考えるものですが、翌日も仕事となればそうはいきません。

今日嫌だったこととか、明日の会議嫌だなーとか、鬱な内容が自然と頭に浮かんできます。嫌な気持ちのまま眠りにつくと寝つきも悪くなるので、考えても仕方ないことなら考えないほうがマシ!です。

好きな本を読んだり、YouTubeを見たりして、頭から仕事を話すようにしています。

寝る直前に布団に入る

これは医者から言われたことですが、布団の中でスマホを触ったりする人は止めてください。寝る直前に布団に入ることで、脳も寝るんだな!と認識することができます。

なかなか寝つきが悪くて、布団に入ってから1時間は寝れないような方は試してみて下さい。

深く深呼吸を繰り返す

これは私が一番効果のある、即眠れる方法です。深くゆっくり深呼吸を何回か繰り返すと、自然と眠くなり早ければ布団に入ってから10分で寝ることができます。

布団で2時間とか平気で寝れなかった私ですが、この深呼吸で驚くほど改善されました。リラックス効果があるのか?理由は不明ですが←

 

大体この3つを行えば、すぐに寝ることが出来ます。どうしても眠れないときは、目を瞑っているだけでも体力回復の効果があるみたいですよ。

さて次は、朝やることを2つ紹介していきます!

起きたらすぐに顔を洗う

冬場は特に億劫になりがちですが、起きてすぐにスマホを触るのはNG。顔を洗うと、どれだけ眠たくても目が覚めるからオススメです。

すぐに布団から出るのはちょっとー…という人は、布団の中で伸び〜をするところから始めると良し。体を動かすと自然と目が覚めます。

微糖のコーヒーを飲む

頭痛予防をきっかけにコーヒーを飲むようになりました。最近は微糖のコーヒーを朝飲むことを日課としていますが、目は覚めるし、頭痛にはならないし、今のところいい感じです。

コーヒーが苦手な人は、コーヒー豆を瓶に入れて匂いを嗅ぐだけでも大分違うと思いますよ。

 

この5つを実行するだけで、朝が弱くても1度も寝坊せずに出勤しています!どれも直ぐに出来ることばかりなので、なかなか起きれなくて困っている方はぜひ試してみて下さい。

スポンサードリンク