尖沙咀(チムサーチョイ)エリア!写真付きメニューのある美味しいお店をレポします

image
スポンサードリンク

行き当たりばったりに何を食べるか決めるのも旅の醍醐味であるが、美味しい物を食べたいなら事前調査が欠かせない。

私みたいに英語が喋れない人なら尚更だ。メニュー表を開いたら、英語オンリーなことは珍しくはない。日本は写真付きが一般的なので、地味に驚きました…。

という訳で、私が香港で食べたオススメのお店をサクッとご紹介。

尖沙咀エリア!日本語メニューor写真付きメニューのお店

日本語メニューがあれば嬉しいが、写真付きメニューでもなんとかなるから大丈夫!魔法の言葉「ディス ワン」を使えば、100%希望通りのものがでてきます。

行動範囲は尖沙咀(チムサーチョイ)エリア。というのも、ホテルは紅磡(ホンハム)のすぐ近くでチムサーチョイへのアクセスが抜群に良かったから。宿泊先のホテルアイコンのことも後日、レポートしたい。

飲茶といえば映月楼(セレナーデ)

img_9419

るるぶとかにも掲載されるほど有名な飲茶(=点心)のお店。店内は高級感があるが、敷居は決して高くない。気軽に入れるお洒落なお店なので、香港に来たら是非行っておきたい。

予約をするか、少し早めに行くのがオススメ。11:00頃行ってすんなり入れましたが、お店を出ることには何組か待っていました。

img_5110 img_5014

皮がとてもモチモチしていて、これが本場の味なのか~と舌鼓。セレナーデのオーダー方法はチェックシート式で、主要なメニューは写真付き。はじめて香港に行ったら、押さえておきたいお店です!

翡翠拉麺小籠包(読み方謎)

こちらもチムサーチョイから徒歩圏内、ハーバーシティー内にあるレストラン。こちらも超人気なお店らしく、21時頃着いたら結構並んでいた。

スシローと同じ発券式の受付方法なので、とても分かりやすいです。オーダー方法は、シート式。メニューはもちろん写真付きです!

image

セレナーデで食べ損ねた小籠包にありつく。小籠包といえば、このショットですよね〜。側から見たら、the観光客です!w

image

担々麺が人気なのを知ったのは帰国した後のこと。何も知らなかったので、謎な麺料理を頼んだ。でも、これはこれで美味しい!

太興

image

まっぷるに掲載してあったけど、興味なくてスルーしてたらホテル前にあったので行ってみた。

こちらは地元民からも愛されるお店、、みたい。日本でいうバーミヤンみたいな?違う?

image

まっぷるに乗ってたのと同じものをオーダー。メニューは写真付きだから、すぐ分かるよ!

焼豚?で、お肉が柔らかい!ご飯がススム!!

image

テーブルの引き出しをあけると、フォークからスプーンが。日本には無いタイプです。

写真付きメニューであれば問題無し

はじめての海外旅行や英語には自信無い人は、写真付きメニューが安心。日本語メニューがあれば尚良しなんだろうけど、写真があれば何の不自由もしませんでした。

どれも美味しかったお店ばかりなので、香港に行った際はぜひチェックしてほしい!

スポンサードリンク