OLが都内で一人暮らしをするにはいくら必要?都内は高すぎて若手社員にはハードルが高かった

image
スポンサードリンク
image

社会人になったら…!と、一人暮らしに憧れを抱いていましたが実現出来ず数年が経過。内覧に行ったこともあるけれど、なんやかんや実家に留まっています。

理由は一つ。「お金」に決まってるでしょーーー!社会人になったら、沢山稼いで可愛いインテリアにして朝は手作りのスムージー飲んで♡なんて妄想をしているならば、すぐに辞めなされ。

あ、私だ。

毎月いくらあれば一人暮らしが出来るのか

カッコイイオフィスビルが建つ都内に通勤すると仮定します。憧れの東京都内だ〜☆キラキラ

不動産屋に行くとまずは希望の通勤時間を聞かれました。「長くても30分圏内で〜〜最寄駅には5分以内で、あ!予算は8万ちょいで」と言ったら、こいつ相場知らなすぎだろ..な表情をしたのを私は見過ごさなかったぞ。

そりゃ近いに越したことはない!が、大きな駅に近ければ近い程家賃は高くなります。当たり前。

家賃は給与の1/3が目安らしい

都内で一人暮らしとなると、最低でも8万〜は出せる余裕がほしい。もっと安いところもあるが、セキュリティ面とか設備とか治安を考慮するとこのぐらいになる。

お風呂とトイレが別々であるところを探すと、更に高くなる。家選びは自分がどのレベルまで妥協できるか、で考えてくことになるだろう。

家賃の基準として、不動産屋からは給与の1/3を目安にするといいと教えてもらった。となると、80,000円の部屋を借りる場合は240,000円か・・・。

新入社員にはかなり厳しい金額。会社から住宅補助が出るならぜひ利用したい!

外食は敵よ!食費は工夫して抑える

image

食費は自炊ときどきお惣菜を仮定して3万円と見積もっておく。昔、1ヶ月1万円生活という番組を見ていたが、このぐらいストイックにできる自信があるなら1万円と見積もっても良し!

私は遅くまで残業したあとに料理をするなんて、絶対無理や〜〜。カップ麺食べてる姿が想像つく。

実際に一人暮らしをしている友人に「自炊してる?」聞いてみると、土日で作り置きしている人が多い。作り置きレシピで調べるとオシャンティ〜〜なレシピが沢山出てくるので、もし一人暮らししたら作り置きに挑戦したい。

と、妄想を膨らます。

実家暮らしにはピンとこない光熱費

実家暮らしにとってイマイチピンとこないのが光熱費。自分で払ってないとこんなもんですよね。

光熱費にはガス代に水道代、電気代を含みますが合計で1万円と考えておきます。夏場にエアコンをつけっぱなしにすると、電気代だけで1万を超えることもあるので要注意。

平日はほとんど家にいないので問題ないと思うけど。

交際費は月によって差が激しい

休日に遊びに行ったり、会社の飲み会だったり。月に2回飲んだとして1万で少し余るかな?一人暮らしをするならば、自宅での晩酌にシフトしていきましょう。

交際費は月によって変動が激しいので、コツコツと積み立てていざという時に対応できる環境を整えたいですね。理想と現実が違うのは通説ですが。。。(泣)

雑費(通信費もここにぶちこみます)

image

日用品とか携帯代とか、「あ!気づいたらお金使っとったわ!」という費用。1.5万あれば足りる。(多分)

内訳は携帯代が7,000円、雑費が8,000円ってな感じで。今は格安SIMも出ているので抑えようと思えば出来なくもないけど、今後も大手キャリアを使う予定。

ざっくり見積もって最低でも14.5万円は必要

145,000円の内訳はこんな感じ。

家賃:80,000円
食費:30,000円
光熱費:10,000円
交際費:10,000円
雑費:15,000円

最低でもこの金額なので、人によっては更に増える可能性も十分ある。手取額と照らし合わせて、余裕を持って一人暮らしが出来そうなのか冷静に考えておきたいですね。

ある程度貯金もしたいし、となれば可能な限り実家に留まるのが身のため?社会人になればお金に余裕が出来るんだ〜と思っていましたが、現実は厳しかった。。

スポンサードリンク