横浜オクトーバフェスト2016に行ってきたのでレポします!ビール好きは赤レンガ倉庫に急げ~~!

oktoberfest2016
スポンサードリンク

オクトーバーフェストの季節がやってきた〜〜!!オクトーバーフェストといえばドイツが発祥のビールのお祭りだが、それが横浜でも楽しめるんだから行くしかない!

あのオシャレな街、横浜で夜景を見ながら本場ドイツのビールが楽しめると聞いて3連休頭に行ったらまあ混んでること!!そんな人混みもお祭りの雰囲気を更に高めていました。

横浜オクトーバーフェスト2016の基本情報

oktoberfest2016-9

横浜オクトーバーフェスト2016は9/30~10/16日まで開催中。期間中であれば土日だけでなく平日も開催しているので、ちょっと仕事を早く切り上げて夜風に吹かれながらビール!なんてのもたまらない。

営業時間は土日と平日で異なるのでご注意を。平日は12:00~21:30、土日は11:00~21:30までの営業です。

会場に着いたらまずはリストバンドをゲットしよう

会場に着いたら、リストバンドを購入します。入場料300円を支払うと、丈夫な紙で出来たリストバンドをもらえるのでつけましょう。

このリストバンドがあればその日に限り会場の出入りが自由なので、昼間にビール飲んで横浜観光→夜にまたビールを飲む!なんてことも可能。ビール好きにとって、ここは天国である。。。

oktoberfest2016-4

リストバンドはこんなかんじ。日によって色が違うのかな?(そして、光に反射した毛が気になる・・・。)

ゆっくり飲みたいなら座席のキープを先にしよう

会場内は至るところに座席が用意されていますが、3連休頭ということもありどこも満席状態。座れない組は赤レンガ倉庫の階段付近や外の芝生に座って楽しんでいました。うん、それも悪くない。

もしもゆっくり飲みたい!というのであれば、早い時間に行って座席をキープすることをおすすめします。

oktoberfest2016-3

座席はこんなかんじで長テーブルに長椅子が用意されています。わたしは座ることができなかったので、ちょっとした階段に腰掛け雰囲気を楽しみました。

ビールグラスで飲める!デポジット制の仕組み

美味しいビールはやっぱりグラスで飲みたいですよね。野外の場合は使い捨てのコップなのかな・・・と思っていたのですが、なんとグラスで飲むことができました!(地味に嬉しい!)

そんな仕組みなのかと言いますと・・・

1杯注文するごとにビール代+グラスデポジット代を支払います。(デポジット代はグラスのサイズによってまちまちな様です。)そして飲み終わってコップを返却しにいくとデポジット代が返金されるという仕組み。

ビールの種類によってグラスのデザインが違うので、そこも楽しみの一つです。

横浜オクトーバーフェストで飲んだもの食べたもの

oktoberfest-11

(今年は130種類以上のビールが。。。!!)

ここまで読むとビール好きに思われているかもしれませんが、わたし結構お酒弱くて1杯で顔が赤くなるレベルなんです。色んな種類を飲みたいところですが、1杯しか飲んでいませんーーー!ww

Licher(リッヒャーヴァイツェン)500ml

今年のオクトーバーフェストは過去最大の130種類以上のビールが勢ぞろいというわけで、ビールに大して詳しくないわたしは迷う一方。そこで選んだのがLicher(リッヒャーヴァイツェン)。

300ml、500ml、800mlから選べて、800mlになるとヤードグラスになります。ヤードグラスをみると、オクトーバーフェストに来たー!って感じがするのはわたしだけ?

間をとって500mlを注文したのですが、お値段はビール代1,400円+デポジット代1,000円でした。実質1,400円ですが、うん・・・ちょっと割高よね。

oktoberfest2016

くう~~~~たまらないぜ!!!秋の夜風×冷たいビールってもう。。。わたし仕事やめてきます!!(なんで)

oktoberfest2016-7

どこのお店もこんなかわいいサーバーから注いでもらえます。陶器でできているのかな?かわいい!!

ハーブとなんかのソーセージも食べたよ(2本セット)

ドイツといったらソーセージでしょ!ハーブが効いたソーセージと、よくわからない普通のソーセージの2本セットです。(適当)

oktoberfest2016-2

粒マスタードにつけて食べれば、そりゃビールが飲みたくなりますよ!!

oktoberfest-12

メニューの種類は各店舗によって様々なので、食べたいものが絶対に見つかる!

ビールを飲みながら生演奏で楽しもう

小学生が大好きなあのソング・・・「ジン!ジン!ジンギスカーン!なんちゃらなんちゃらうんちゃらちゃららら~♪」とテントの中から聞こえてきたので除いてみると、なんと生演奏中でした!

oktoberfest-13

生演奏を聞きたい方は、あらかじめ時間を調べてから行くことをおすすめします。大体2~3時間に1回行っている様です。

以上、現場からでした!

横浜オクトーバーフェスト2016はざっくりこんな感じ。ビールが飲めない人でもその場の雰囲気を楽しむのに行く価値は十分あるな~と思いました!今月10/16まで開催中なので、横浜に行った際はちらっと除いてみてはいかがでしょう!

ビール一杯で酔ったわたしは、酔い醒ましに夜の横浜を散歩するのであった・・・。

oktoberfest2016-10

おわり!

スポンサードリンク